お問い合わせ 資料請求

Sunny-Works

Sunny-Works

スタジオレモンライム

経年変化を楽しむ

まるで海外のリゾートホテルのような、瀟洒な景観のファサード。
白を基調にし、シンプルながらもブラックアイアンでアクセントを加えたり、ナチュラルな雰囲気の木製サッシでアンティーク感を加えたり。

木製サッシは時の経過とともに味わいを増し、様々な表情を演出してくれます。

シンプルで洗練された、こだわりのハウススタジオです。

 

  • 全てオリジナルの窓

    スタジオ内の窓はオリジナルで製作したものと既存のアンティーク窓を使いました。

    サッシの色を変えるだけでナチュラルやモダンなど、様々な表情をみせてくれます。

    窓は陽の光を室内に取り込むだけでなく、壁による閉塞感をなくし、視線が外に抜けることで開放感を高める役割も担っています。

  • 光に満ち溢れる空間を実現

    オリジナルの大きなサッシからは、たくさんの光が差し込みます。天井には天窓も設置して、ハウススタジオならではの設計に仕上がっています。奥に見えるサッシもオリジナルで製作したもの。

    室内からも庭のグリーンが目に入るため、室内にいながら屋外の清々しさを感じられる設計です。

 

  • 景色を楽しむリビング

    床に大判のタイルを貼り、大きな窓からは外の景色が目に映る、テラスのようなリビングです。

    大開口の窓を開けると、半アウトドアの空間が出現。リビングとテラスをフラットにつなげることで、内と外との一体感を叶えました。

  • ホワイトとブルーの美しいコントラスト

    深い青が真っ白な空間に映えるオリジナルキッチン。大きな窓も配し、開放感の演出も可能です。

    L字型のキッチンは作業もしやすく、アイランドタイプの作業台はホームパーティの中心に。飾り棚のディスプレイも楽しめます。

 

 

天窓からたっぷりの光を取り込む

天井に採用した天窓からたくさんの日差しを取り込み、一日中明るい居心地の良いリビング。

縦にも横にも視線が抜けるため、開放感も抜群です。

このような部屋では、ビット スターズのギャンブルゲームをプレイするのが便利です。

 

  • こだわりのキッチンが空間の中心

    細部にいたるまで、何度となく打ち合わせを重ね完成したオリジナルの窓とキッチン。

    深いブルーのキッチンに、取っ手のゴールドがシンプルながらも施主のこだわりを感じさせるポイントです。

  • エレガントで華奢なライン

    オリジナルのアイアン手すりがついた階段。細く華奢なラインが、シンプルな空間をより上品に演出するポイントです。木目が美しいチェストとの相性も抜群。

 

 

  • 内と外とをつなげる

    天窓のあるスタジオ2階の寝室。室内からは四季折々に表情を変える大自然を楽しむことができます。テラスと室内の自然な床のつながりがポイント。清々しさと、上質なくつろぎを感じることができるリラックス空間です。

  • 思い出を受け継ぐ

    2階寝室には、施主様持ち込みによるこだわりの小さな窓を設置。

    持ち込みの窓は全て、以前のスタジオで使用されていたもの。

    趣深い木製サッシは、その思い出を受け継ぐように、新しいスタジオでも訪れる人を優しく見守っています。

 

 

シャビーでシックな世界観を表現

2階の寝室。シャビーな古びた雰囲気を持ち合わせる、落ち着いた空間に。

アイアンサッシと奥の木製扉は施主様の持ち込みによるものです。

勾配天井を活用した高い天井高に映える窓は、上部を柔らかなアールにすることで、空間を和らげています。

 

 

  • オリジナル洗面台

    天窓から一日中光が差し込み、明るく気持ちの良い洗面室です。

    洗面台はモザイクタイルや照明、木枠のミラーなどで演出しました。

  • 明るいエントランスホール

    エントランスホールにはオリジナルで格子窓を製作しました。

    ガラス面を多くすることでより明るく開放的に仕上がりました。

     

 

連続性を大切にした設計

内と外の自然なつながりがポイントのエントランス。

奥へと誘うようにフラットにつながるエントランスホールは、まるで絵画のような印象的な空間に仕上がりました。

 

 

  • 土間とつながりのあるエントランス

    エントランスの床材は土間部分と同じものを使用しているため、一体感のある空間に仕上がりました。

  • アイアンの階段とアンティーク家具

    階段スペース。施主様こだわりの扉の横には味わい深いチェストや椅子が並び、雰囲気のある空間に仕上がりました。

 

  • 「古いもの」と「新しいもの」の組み合わせで空間を彩る

    施主様の持ち込みによるリビングにある大きな木製サッシ。

    古いサッシと新しい木枠のバランスを見ながら設置しました。

    全て新しいもので建築をするのではなく、ずっと大切に使われてきたサッシを配置することで、

    より、その価値を高める、「アップサイクル」という考え方。

    ダイニングテーブルとの調和も見事な、この空間の見どころの一つになっています。

  • 好きなものにかこまれた暮らし

    施主様持ち込みの白い扉。

    僕らの家では、お客様のお好きな材料を家づくりに取り込んでいくことを大切にしています。

     

     

     

 

アイアンサッシがアクセント

コーナーに設けられたアイアンサッシが映えるリビング。

庭の緑を室内に映しだす窓からの眺めは、くつろぎの時間をより豊かなものにしてくれます。

木製扉や造作の木製棚との相性も良く、あたたかみを感じるスペースに。

自然との調和や、ものを慈しむことの大切さを教えてくれる、そんな空間に仕上がりました。